2010年12月1日水曜日

イザナギの名乗りを生んだ地名の分布

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録13:19頁

国名  分布地名 発音    語根変化 助詞のノ 王称 文献文字

琉球  石垣島  イシガキ  イシ   ガ    チ  信覚島

琉球  伊是名島 イジナ   イジ   ナ    チ

薩摩  伊佐   イサンギ  イサ   ン    ギ  伊声耆

薩摩  伊敷   イシ キ  イシ        キ  印色入日子

薩摩  市来   イチ キ  イチ   ッ       市来島比売

伊予  石槌山  イシヅチ  イシ   ヅ    チ

播磨  一の谷  イチノ   イチ   ノ       一之谷

播磨  五色塚  ゴシキ   イシ        キ  五色塚古墳

淡路島 五色町  ゴシキ   イシ        キ

伊勢  伊勢   イセ    イセ           伊勢。五瀬

伊勢  一志郡  イッシ   イシ

三河  一色   イッシキ  イシ        キ

上野  伊勢崎  イセ    イセ   ザ    キ  伊勢佐木

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿