2010年12月17日金曜日

岩屋から伊勢の皇大神宮まで165kmの霊ライン

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録14:7頁

文字だけでは印象がうすい、地図でご覧いただこう。

淡路島北端の岩屋から

44kmのところに仁徳陵。

次11kmに応神陵。

次22kmに崇神陵。


次88kmに元伊勢(最初の皇大神宮の鎮座地)。

この地図はその11kmを1cmに描いてあるから、

ご自分で試してみていただきたい。

それにしても伊勢神宮への出発点が「岩屋」とは、

天の岩屋まで完備していて、

古代人の深遠さには頭がさがる。

淡路島の地名は、

国宝的文化財だという証拠である。

「図」岩屋から伊勢の皇大神宮まで165kmの霊ライン

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿