2012年11月1日木曜日

天は『海人』・大水軍の王



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録34:25頁

 《天は『海人』・大水軍の王
 「天は『海人』・大水軍の王

 その第一の答は「海人(あま)」である。

 なぜなら、いま問題にしている神名は、

 垂仁天皇が邪馬壹国を樹立する前に高句麗王だった当時、

 魏の大軍に攻められて首都まで陥落して危ういところを、

 救って琉球へ逃がした大水軍の王の名だからである。

 その名は『古事記』の開化天皇のところに

 「美知能宇斯王」と書いてあるので、

 道の大人とも書いて、どちらも「ミチノウシ」と読んでいる。

 インドのシンドゥ教の最高神はビシュウヌウ神で、

 美紐縫神(ビチュヌウシン)とも書かれる。

 「美知能宇斯」も沖縄発音では「ビチヌウシ」で、

 これは大隅語でも同じである。

 これに南九州語で助詞の「ン」をつけると「ビチヌウシン」で、

 美紐縫神=ビチュヌウシンとほとんど同じになる。

 こんなに一致するのは偶然でないから、

 彼は最高神の名をもらって自分の名にし、

 人々もビチュヌウシン王と呼んでいたのである。

 ミチノウシは、後世の人が読み違えたものなのだ。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿