2012年11月28日水曜日

崇神は須神(スサノオ)、杉は須木



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:25頁

 《崇神は須神(スサノオ)、杉は須木
 「崇神は須神(スサノオ)、杉は須木

 ウバイドの天照大神の後継者の、正確な遷都時期は判らないが、

 それより後世にやって来たことの確かなスサノオは「弟」なのである。

 そして両者がこの狭い列島で争い、和睦して、婚姻を結んだから、

 共に天皇家の皇祖であることは間違いない。

 ついでにお話を追加すると、

 『崇神天皇紀』にあるように、

 当時の大神と崇神天皇とが意見が一致せず、

 姉の大神を「岩戸」に幽閉した史実も、

 この超古代の大神と須神との話に

 一纏めにされていることにお気付き頂きたい。

 この事実はすでに淡海の三船が熟知していた。

 彼は御間城入彦天皇に「崇神」と贈り名したのである。

 この「スジン」は、

 「須神=スサノオ」を暗示しているのである。

 また「スギ」もやはり「須木」なのだ。

 こんなに複雑な複合物を、在来の神話学者のように、

 海外の幼稚な村人のお伽話が伝来したものだと思い込んでいたのでは、

 とても『記・紀』は理解できない。

 天照とスサノオの姉弟の物語は、

 こうした複数の歴史が様々に複合していることの縮図なのである。

 これでは在来の『記・紀』解説は全く役に立たない。

 その解説を今では世界で唯一、

 真実の歴史をご存じの言語復原史学会員諸氏の、

 御生涯のお仕事にして戴きたい。

 これが、

 私(加治木義博)がこれまで大学院講義で、

 ご講義申し上げてきた真意であり、心からの切望なのである。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿