2012年11月15日木曜日

登呂遺跡の名はトロイヤ人の居住記録



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:10頁

 《登呂遺跡の名はトロイヤ人の居住記録
 「登呂遺跡の名はトロイヤ人の居住記録

 その伊豆半島の西の対岸にある静岡市の、

 JR静岡駅の南2キロほどの一帯に弥生時代の広大な特別史跡・

 登呂遺跡(約160平方キロ)がある。

 その地名はトロイ戦争という名で知られてきた

 ギリシャ史に名高い国名と同じ地名なのである。

 トロイというのは英語読みの略称で、正しくはトロイヤだったのであり、

 語尾のイヤはギリシャ語の「国・地域」という名詞だから、

 本来の国名は「トロ」だからである。

 取手市だけがギリシャ人の遺跡ではない。

 その登呂遺跡の東北に隣接して清水市の草薙がある。

 ここは倭建命の革薙の剣伝承で有名な地名である。

 倭建命の物語は

 トロイ戦争最大のヒーロー=アキレウスの物語と多くの共通点をもっているから、

 ここへギリシャ系の海人が住んだことは間違いない。

 そして彼等は倭建命の伝承通りに房総半島を北上している。

 『日本書紀』は日本武尊=倭建命が相模から上総へ行こうと船出して

 「馳(はし)り水」という海域で暴風に遭い、

 后の弟橘姫が投身して暴風を鎮め、

 命たちを救ったという一節がある。
 
 これらを一人の武尊の歴史だとするのは無理だが、

 こうした伝承を生んだ史実があったことは、

 これらの地名や遺跡の分布からみて、

 間違いなく真実だったと認めるしかない。

 『日本書紀』は多くの伝承を混合して一事跡としている例が少なくないが、

 個々の伝導は事実の記録だからである。

 『登呂遺跡

 『アキレウス


 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿