2012年11月19日月曜日

渡来の事実とその時期の確認



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:14頁

 《渡来の事実とその時期の確認
 「渡来の事実とその時期の確認

 だがウバイド、ギリシャ、倭人といっても、もちろん時代が大きく違う。

 その時間差も明らかにしないといけないが、

 ウバイドについての研究は、

 過去の業績で明らかになっていた遺跡の下層に、

 さらに8000年前と測定された遺跡の存在が確認され、発掘作業進行中、

 ブッシュ大統領父子による湾岸戦争とイラク戦争という二度にわたる惨劇が起こり、

 発掘が中断されたままになっているから、

 8000年前という概数しか判らないが、

 我が国の発祥がいっか?という命題には、これで充分であるし、

 カルデア人がカリエンとして

 台湾・沖縄に土着し、高句麗・モンゴルまで支配して

 貝貨幣を中国へ運び、殷帝国の興隆に貢献した事実も解っているから、

 これがウバイド人の1ルートであったことは間違いないので、

 時代は特定できている。

 次はギリシャ人はいっやってきたか?だが、

 これは考えなけれはならない問題に満ちている。

 それを一つずっクリアーして行ってみよう。

 ①アレクサンドロスの東征によるものか?。

 ②その東征の結果、生まれたマウリア王朝のアソカ王仏教宣布団によるものか?。

 ③海の先進国フェニキヤ人の来航によるもものなのか?。

 この②はソナカが卑弥呼の夫である仲哀天皇なので時代は限定されているし、

 ①によると考えられる2~3世紀の東夷ユーロは、

 大学院講義録34で見たように、

 筑紫であることの確かな粛慎を経由しているので、

 渡来の事実と時期が確認できている。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿