2012年11月11日日曜日

なぜ我が国が倭人(ウバイド)帝国の首都に選ばれたか?



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:5頁

 《なぜ我が国が倭人(ウバイド)帝国の首都に選ばれたか?
 「なぜ我が国が倭人(ウバイド)帝国の首都に選ばれたか?

 カルデアは、ウバイド文明圏の先進国、天測を発明した海運国で、

 私(加治木義博)が発見した

 稲敷郡(茨城県)から殷墟までの霊域ラインは、

 彼等が実測したことを立証している几帳な有形文化財である。

 彼等は夏の時代に、すでに九州はおろか東日本でも活躍して、

 水郷茨城を開拓しつつ中国に大帝国を作るほどの交易と往来をしていた。

 それは彼等が「商」を国名にした程、大規模だったのである。

 ウバイドはそのままで倭売奴、大買奴だったのだ。

 これが解ると、ウバイド文明の古さと巨大さ、

 そしてわが国が何故?その中心になったのかが理解できる。

 それは沖縄海域が貝貨用の小型宝貝の世界最大の宝庫だったことと、

 大市場である中国への往来に好条件の揃った、

 気候温暖で水田農業の最適地、

 四面環海で天国の要塞だったこと、

 船や家屋を作るのに最適な森林が豊富で、

 中近東出身者たちには、

 天国のような好環境が揃っていたことがことなどである。

 もちろん、その前には台湾が選ばれていた。

 カリエン・カレンが居住した証拠に、

 花蓮港(カレンこう)という大港湾都市が残っている。

 それが球球列島に拡大したので小さな沖縄を「大琉球」と呼び、

 台湾は小琉球に転落した。

 しかしウバイド本来の水耕農業には不適なので、その敵地を求めて、

 さらに九州から本州へと遷都し続けて現代に至ったのである。

 『花蓮港(カレンこう)

 『カリエン・カレン

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿