2012年11月18日日曜日

想像以上に濃い倭人と殷とギリシャの血縁



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:13頁

 《想像以上に濃い倭人と殷とギリシャの血縁
 「想像以上に濃い倭人と殷とギリシャの血縁

 この巫女の神託はギリシャ文明の特徴でもある。

 その中でも最も有名なそれはデルポイの神殿に三脚の鼎(かなえ)を据えて、

 それに乗った巫女のピューティヤが口走る託宣を、

 付き添いの巫女が書き留めるもので、

 今でも中国南部から東南アジアにかけて勢力をもつ宗教『天道』などで、

 台に乗って催眠状態になった少女巫女が、

 専用机に敷いた細砂に杖で文字を書くのを、

 介添えの巫女が紙に写しとるシステムと全く同じである。

 そして我が国では

 『古事紀』の序文に登場する「稗田阿礼」がこれと同じことをするし、
                              
 その稗田阿礼という当て字の文字は、

 ピューに稗、テーに田、エヤに阿礼(あや)の字を当てて、

 その筆者が大隅人だったことまで解るので、完全にビューテイヤに合い、

 これもギリシャ文化が古代の我が国に実在した重要証拠郡中の、

 決定的な一つに数えられるのである。
          
 またそのピューティヤが神託に際して、

 必ず腰かけた「青銅の鼎」は、

 殷の国器と呼べるほどの特異な器物である。

 それがデルポイ神殿で重要な役割を担っていたという証拠は、

 殷とギリシャの血縁や往来が、

 実に密接なものだった事実を教えてくれる。

 そしてさらにギリシャ人が、我が国に太鼓の言語を残した程、

 移住して来て溶け込んだ大きな史実は、

 この殷との共通点の濃度を見れば、

 予測を遥かに超えた必然的なものだったのである。

 『ピューティヤ大祭

 『デルポイ神殿

 『天道 (新宗教)

 『青銅の鼎


 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」 

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏        

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿