2012年11月26日月曜日

スサの王を日本列島へ移住させた大動乱



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:22頁

 《スサの王を日本列島へ移住させた大動乱
 「スサの王を日本列島へ移住させた大動乱

 しかし今から三千何百年か前、

 フェニキヤ人スサノオは何故?交易でなく、

 木の種子をもって我が国へやってきたのだろう?。

 答は彼の教えにある。

 彼は「我が子孫は船をもたなくてはいけない」と教え、

 我が国にだけ植物を移植したのだから、

 彼は日本列島を基地にして、海運や交易事業を継続し、

 子々孫々まで永住するために来たのである。

 それは当時シリアなどに都市国家群をもち、

 繁栄の極にあったフェニキヤ人が、

 なぜか選りに選って、

 世界の東端の、絶海の孤島といいたい程の

 この日本列島に住もうとやってきたということである。

 そして韓国には種子を蒔かず我が国にだけ蒔いたというのだから、

 これは熟考した上での決定的行動である。

 一体、何がそうさせたのであろうか?。

 今から3200年前のB.C.E.1200年、

 エジプト第20王朝のラムセスⅢ世が、

 そのシリアを征服し、

 他の植民地から救援に駆けつけたフェニキヤ人たちも次々に撃破された。

 全く同時にギリシャのトロイヤ侵略も進んだ。

 フェニキヤ人の楽園が大動乱のうちに奪われて行ったのである。

 それはもちろん遠く離れたスサにも伝わった。

 やがてはスサも同じ惨劇に見舞われると予測したスサの王は、

 遠隔の安全地帯にあって、

 好条件の揃った希にみる楽士だと知っていた日本列島への移住を、

 熟慮の末、実行に移したのである。

 「フェニキヤとスサとウバイドの位置」
 《フェニキヤとスサとウバイドの位置
 「フェニキヤとスサとウバイドの位置

 《エジプト第20王朝のラムセスⅢ世
 「エジプト第20王朝のラムセスⅢ世

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿