2012年11月22日木曜日

さらに充満していた複数の所属国の歴史



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:17頁

 《さらに充満していた複数の所属国の歴史
 「さらに充満していた複数の所属国の歴史

 では彼等の別名・カナンにも何かの関連があるのか?。

 彼等はアブラハムの子孫だからウル出身で、ウバイド人であり、

 その位置はチグリス、ユーフラテス2大河の南、

 漢字で書くとまさに「河南」の人なのである。

 これは不思議ではない。

 漢字はもともと殷の文字で、もとはウバイド語だったからである。

 だからと言って言語の大半が共通語だというのではない。

 言葉は土着するから、

 移住者は移住先の言葉で話さないと、食物も買えないで滅亡してしまう。

 たとえ征服者でも先住民の言葉には勝てない。

 自分達が使ってきた言語の大半は子孫には伝わらないのである。

 しかしスサといった名乗りは残る。

 ノアの大洪水は間違いいなく

 2大河のそれだったからスサも水没した地域にある。

 スサノオはその名乗りと共に先祖が遭遇した

 大洪水の記憶を我が国まで持ってきた。

 船は必需品だと言ったのである。

 フェニキヤ文明は箱船の知恵を継いだ産物であり、

 スサノオは名乗りだけでなく歴史も受け継いだのだ。

 そして祖国が武力の前に敗れ続けたことを知っているために、

 平和主義の女帝・天照と政策を争って戦闘の男、荒(すさ)の男(お)となり、

 八俣の大蛇と戦って勝ち、豊穣のインダ=女帝・稲田姫と結婚して

 新王国・出雲(海神ボセ・イヅンの国)を築く。

 彼の物語の底流にはこのようにビッシリと、

 ウバイド、フェニキヤ、ギリシャ、インダス、殷、中国といった、

 所属してきた国々の、歴史と文化が充満していたのである。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿