2012年11月20日火曜日

フェニキヤ人の歴史と来航の可能性



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:15頁

 《フェニキヤ人の歴史と来航の可能性
 「フェニキヤ人の歴史と来航の可能性

 では、在来、ギリシャ人とは別けて考える人の多かったフェニキヤ人について、

 今少し詳しく確認してみよう。

 は『旧約聖書』の箱船で有名なノアの子孫・ハムの一族で、

 セムの一族が

 ヘブライ人のヤベテの一族がギリシャ人だから、ギリシャ人と祖先は同じである。

 B.C.E.20世紀ごろから

 シリア地方にシドン・ビプロス・ウガリットなどの都市国家群をたて、

 それがフェニキヤと総称されたもので、

 人種名としてはカナン人というのが通称だった。

 航海と通商の先進国で

 東はイランから西はシラキウス、

 大西洋やアフリカ沿岸にも植民し、

 インドに入り、スリランカにも顕著な遺物を残しているが、

 B.C.E.9世紀にアッシリアに併呑され、

 その後またアレクサンドロス大王に征服されてギリシャに属し、

 B.C.E.63年にはローマ領に編入された。

 そのため彼等が使っていた

 22個の子音文字がローマ字の原形になったが、

 それ以前にもヘブライ、アラム、ギリシャ文字も

 また、昔、

 このフェニキヤの線文字アルファベットから生まれたことが確認されていて、

 武装国家の暴力には屈しても、征服者より優れた偉大な文化人たちだったことが判る。

 スリランカは南進仏教の大本山で、

 ソナカらを乗せて来たのが彼等だった可能性も強く、

 アレクサンドロス軍の一部として、

 また単独で我が列島まで来た可能性もある。

 『旧約聖書

 『フェニキヤ

 『アレクサンドロス大王

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿