2012年11月7日水曜日

彼等は粛慎からやってきた



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録34:31頁

 《彼等は粛慎からやってきた
 「彼等は粛慎からやってきた

 ギリシャでは洞窟での生活も当然のことだし、

 裸体生活もギリシャ陶器などの遺物に描かれた人々の姿と同じである。

 しかし中国人はそれを「野蛮」と読んだ。

 そして私たちもその野蛮を劣等未開を表現する形容詞として使ってきた。

 しかしそれはヤーバナ(ギリシャ)人という名詞だったのである。

 そして彼等はその時の居住地へ古代の

 「粛慎氏」の国から船でやってきた。

 粛慎は「チュクシン=チクシノ=筑紫の」国である。

 フェニキヤを出発点に、

 九州を経て高句麗と並ぶ地域でギリシャ生活を営んでいた人々が、

 故郷の地名ユーローパを名乗っていたのは当然のことである。

 そしてこれが解ると、

 高句麗付近で垂仁天皇を救った

 フェニキヤ系海軍を率いる大王・丹波のミチウシの、

 具体的な実在証明が鮮明に成立し始める。

 『粛慎

 『フェニキヤ



 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿