2012年11月14日水曜日

地名が鮮やかに語る海人たちの真実の古代史



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録35:9頁

 《地名が鮮やかに語る海人たちの真実の古代史
 「地名が鮮やかに語る海人たちの真実の古代史

 地名は、時間がたつとどんどん読み方が変わってしまう。

 それは私たちの偉大な祖国であった

 ウバイドへの当て字『倭人』ですら、

 それをウワイトと読めた学者がいない事実が一番よく立証しでいる。

 烏羽が鳥羽に変っても、

 誰もそれが間違いだとは思わなくなってしまった。

 それがそのまま現代まで来たことが、

 地名の命名者が他人だったことの証拠でもある。

 ではなぜ?、烏を鳥に変えた者がいたのか?。

 それはウバイド系の記憶が薄れたあとに来た

 ギリシャ系の人々のせいである。

 彼等はアンピトリテの名で呼ばれたが、

 その分家の移住者たちは、

 南九州ではトイ(鳥の訛り)と呼ばれた。

 その名が宮崎県南海の太平洋に突き出た都井(とい)岬に残っている。

 鳥羽も全く同じ姿で太平洋に突き出ているから、

 烏でなく鳥が正しいと思って当然なのである。

 ちなみに伊豆もまた同じ姿で太平洋に突き出ている。

 こと、取手市も同じ条件の房総半島の付け根の要衝にその名を残していること、

 さらにその北隣りは稲敷郡で、

 その名も伊奈(=殷)という自治体がある。

 なぜ南九州からこんなに離れた土地に関連地名が集中しているのか?。

 それは千葉県の夷隅郡が説明してくれている。

 夷(イ)は倭(イ)オオだから大隅、

 どこから誰がやって発たのか一目瞭然である。

 そしてその倭や大という好い字を、

 わざわざ、嫌われた「夷」の字に変えている。

 これは地名の命名者が他人だという、

 さらに動かない証拠なのである。

 『アンピトリテ

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿