2012年10月3日水曜日

天照大神の発展とウバイド神を立証する石疑姥の神



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録33:19頁

 《天照大神の発展とウバイド神を立証する石疑姥の神

 「天照大神の発展とウバイド神を立証する石疑姥の神

 ここで、さらに天照大神のダメ押しをしておこう。

 天   照   大神

 アン                           ウパイド時代から

     ゼウス ウガン(「拝み」の沖縄語)        ギリシャ人の影響

 アマ  テラス                      ソナカの影響

 尼   寺主(寺をテラと発音する理由。照と寺が同じ位置に来る)卑弥呼時代

         オオ   ミ   カミ

         倭    女   上

         ウワイ  ジョ  ウワ

         ウバイ  ド

         ウバヒ  ト       ウバヂ(沖純語発音)ン

         姥  人     石 凝 姥 津 神(ヂン)

                  イシギ ウバヅ     イシキ=イサナキ

                  イシヂ(沖縄語発音)  =イシス

 《イシス
 「イシス

 《石凝姥津神
 「石凝姥津神

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿