2012年10月28日日曜日

沙土煮尊・大戸道尊・面足尊



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録34:21頁

 《沙土煮尊・大戸道尊・面足尊
 「沙土煮尊・大戸道尊・面足尊

 「沙土煮尊」
 
 これは泥土煮をウヒジニと読んだので、サヒジニと読んできた。

 しかしパーリ語だから、サードピーと読まなければならない。

 それは「貞淑」という意味である。

 泥土煮以後は夫婦神としてセットになっているから、彼女は妻である。

 貞淑は女性最高の「神」だというのである。

 「大戸道尊」

 これは、『古事記』の当て字に従って、

 解説には「オホトノミチ」と振り仮名がしてある。

 オホトの王(チ)という名をもつのは、

 継体天皇=袁本杼・オホド天皇(『古事記』)

 男大迹・オホト天皇(『日本書紀』) である。

 フトニという名の孝霊天皇を神皇第一代の祖神として挙げた先例を今、

 見たばかりだから、これが天皇の一人を意味していることは疑う余地はない。
 
 『日本書紀』は、継体天皇を中興の祖神として、ここに列ねたのである。

 「面足尊」
 
 これはオモダルとかオモタラシと読んできたが、オモは母で阿母とも書く。

 これはアモで、沖縄語ではアムになるからアムタラシ。

 「天照す」の原音に一致する。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿