2012年7月2日月曜日

仁徳系記事が暴露している『倭国(イナバ)のウサギ』の比喩



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録30:11頁

 《仁徳系記事が暴露している『倭国(イナバ)のウサギ』の比喩
 「仁徳系記事が暴露している『倭国(イナバ)のウサギ』の比喩

 こうした事実を考え合わせると、

 『記・紀』の仁徳系記事の偏向(かたよ)りや、

 奈良朝人事が仁徳系の子孫をもたないのを、

 単なる差別や虐待のせいだと思うのは、

 単純過ぎることになる。

 それは前にお話ししたように、

 仁徳天皇と磐之姫皇后の話は、

 大国主夫妻の話と余りにもそっくりで、

 仁徳=大国主の部分が実在しているし、

 また<白ウサギの挿話>も、<仁徳天皇自身の名がウサギ>なのだから、

 彼は<大国主の後継者>として<ガマのホワタ>に見合う存在に包まれたことによって、

 次代の大国主として再生したという話になる。

 これらは何を意味するか?。

 忘れてならないのは倭国は卑弥呼時代から

 推古、斉明まで、

 ざっと見ても女王制国家で、

 日本になってからでも持統、元明、元正、孝謙とそれは続いた。

 これは<倭=優婆畏(ウワイ)>で、それを国名にしているのだから、

 女王制は当然すぎるほど当然なことなのだ。

 仁徳系の天皇たちは

 文字通り<クシャトリヤ=武者棟梁=大元帥>の時代だったのである。

 その本来の倭は言うまでもなく<ソナカ仏教皇室>で

 『日本書紀』が<蘇我(ソナカ)>と当て字した人たちだから、

 大戦後は大半が近畿から逃げて、

 石川麻呂らのごく少数が人質として飛鳥に残ったに過ぎない。

 これが<仁徳系の実像>だから、

 その子孫が奈良朝政権に入れられなかったのは当然である。

 はるか東北へ亡命した人々でさえ、

 平安朝まで「蝦夷」として討伐を受け続けたのだから……。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿