2011年12月22日木曜日

定義が消し去った、悪魔ヒトラー思想の低級な汚染



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録23:24頁

 《定義が消し去った、悪魔ヒトラー思想の低級な汚染
 《定義が消し去った、悪魔ヒトラー思想の低級な汚染

 以上、見てきたリストの史実は、

 はっきり『定義』として確認できるものばかりである。

 だから『日本神話』など「実は実在しなかった」という事実も、

 また『定義』できた。

 これまで世界の学者が『日本神話』と呼び、

 蛮族の夢想した支離滅裂な原始的宗教観だと「定義」していたものは、

 今や、私たちの先祖が、現代人にも勝る世界観と政治倫理をもち、

 大理想をもって国土を開拓して、常にその行為を反省し、

 国民に説明して理解を求め続けた証しとして『定義』されたのである。

 これでも淡路島『国生み」は、

 我が「聖史」の、憎むべき曲解であろうか?。

 それははっきり逆なのだ。

 非難する者こそ、人類の敵なのである。

 なぜなら以上見たような、

 これらの史実の「寓話化」には、絶対に見逃せないものがある。

 それは濃厚に見られるギリシャ神話の活用である。

 日本語にギリシャ語が沢山はいっていることは、

 五彩圏の色名がギリシャからそのまま来ていることだけでも疑いの余地がないが、

 主要な国名、姓、地名がギリシャ名に基づくことは、

 すでによく御存知の通りである。

 もちろん日本人全員がギリシャ人の子孫であるはずがない。

 すでに確認したように列島は多様な移住者を迎え入れてきた。

 その人々が移動と移住を繰り返して混血して、

 今の日本人が出来上がった。

 それを否定する単一民族説こそ、

 ヒトラーの残した最低の汚染なのである。

 『My ブログ』
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿