2011年12月11日日曜日

歴史は定義できるだろうか?



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録23:13頁

 《歴史は定義できるだろうか?

 本大学院講座は、

 論文や著書を書いて戴くのが目標だが、

 それには本学独特の、

 しっかりした基礎常識が必要なことはいうまでもない。

 ことに本学は史学の高度化が目的だからこの『定義』の問題までは、

 必須の科目に入れたかったが、それが遂に実現した。

 会員諸賢もそのおつもりで熟読して戴いて、

 決して読み流しにして戴かぬように、心からお願い申しあげます。

 歴史も『定義』が完成していなければ、

 たとえば『魏書倭人章』を『記・紀』と比べて、

 「一致している」「いや違っている」と、

 いくら論争してみても、何の役にも立たない。

 歴史は人間の行為と行動の記録だから、人はどんな行動でもとる。

 一定の法則だけに従うものではない。

 それを不合理だといってみても始まらない。

 不動の法則による制約がないのだから、いくら合理的な説明をしてみても、

 完全な決め手がなければ、いくらでも非難攻撃できるからである。

 視点が変われば、どんな想像でもできる。

 一つの史実しかないのに無数の小説が生まれてきたのは、そのためである。

 これでは史学は、果てしない論争が続くだけの修羅の世界で終る。

 どうしても『定義』を確立して、不動の史実を構築する必要がある。

 『My ブログ』
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿