2011年12月6日火曜日

『魏書倭人章』の真価は卑弥呼時代を定義したこと



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録23:8頁

 《『魏書倭人章』の真価は卑弥呼時代を定義したこと

 しかし、このまま興味本位に「『古事記』偽書説」に滑りこんでしまっては、

 本講の主題である『定義』から脱線してしまう。偽書説問題は簡単ではない。

 後にまわして、ここではこれまでの定義の価値を確認して、

 さらに定義を充実させるのが本題でなければならない。

 これで『古事記』が『日本書紀』を写したものだと定義できたから、

 安心して『日本書紀』に重点を置いて、

 この定義を確立させた「ソナカと卑弥呼記事の分散」が

 『魏書倭人章』の本当の価値を証明する事実を、

 よく印象に止めて戴けるお話をすることにしよう。

 歴史に関心の薄い人でも、

 戦後のいわゆる「邪馬台国ブーム」はご存じである。

 それほど日本人の関心は

 「邪馬台国はドコにあったか?」に集中していた。

 しかし『魏書倭人章』の本当の価値は

 「邪馬台国はドコにあったか」なんかではない。

 その最高の功績は、

 卑弥呼が「いつの時代の実在者だったか」を記録していたことなのである。

 卑弥呼は

 「後漢の桓帝と霊帝との間ごろに倭国の女王に共立され、A.D.248年に死んだ」。

 これがわが国の正史とされる『記・紀』ではさっぱりわからない。

 『魏書倭人章』があって始めて確認できたのである。

 だからこれも、卑弥呼とその別名による記録類が史実だと確認できる『定義』なのである。

 その定義がどんなに役に立つのか?、詳しくお話ししてみよう。

 『My ブログ』
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿