2011年12月7日水曜日

記録者が異なると生まれる別伝のサンプル



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録23:9頁

 《記録者が異なると生まれる別伝のサンプル

 このリストは卑弥呼の「○記録の分散を示す一覧表」である。

 孝霊天皇の皇女として生まれ、垂仁天皇の代まで生きていた女性なのだから、

 それ以外の年代に書かれているのは史実ではない。

 この多くの別伝は、記録した人々(卑弥呼時代の国)が違うための産物。

 時代    別名      実在 夫の名     備考

 神代    天照大神    Ⅹ         光華明彩のほう

 神代    下照姫     Ⅹ 天稚彦     天孫降臨の準備期

 孝霊天皇代 倭迩迩日百襲姫 ○ 彦五十狭芹彦  系譜

 桓霊の間  卑弥呼女王   ○ 夫婿なし    160年から168年頃に共立

 正始8~9年 親魏倭王    ○ 夫婿なし    247年から248年に死ぬ

 崇神天皇代 比売語曾の神  ○ 都怒我阿羅斯等 ツルカルニン

 垂仁天皇代 麻多烏     ○ 天日槍     ソナカ遍歴の別伝

 仲哀天皇代 息長帯比売   Ⅹ 仲哀天皇    多くの別伝と同時代のもの

 神功皇后代 息長帯比売   Ⅹ 仲哀天皇    壹與の記事が混入

  『社団法人 日本オリエント学会』

 『ウバイド』

 『フェニキヤ』

 『地図』

 出典:小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 『メソポタミア世界』

 出典:Category:Mesopotamia - Wikimedia Commons
 『Category:Mesopotamia』

 『参考』
 歴史徒然:日本の誕生・日本語のルーツ・ウバイド・ウワイト・遷都

 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書

 オックスフォード大学東洋学科シュメル文学

 シュメール古代史:Ancient Sumer History in Mesopotamia

 『テル・コサック・シャマリ』

  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 『メソポタミア』
 『古代オリエントの地名一覧』
 『メソポタミア神話』
 『古代オリエントの用語一覧』
 『必見メソポタミア文明情報サイト』 

 『My ブログ』
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿