2011年12月19日月曜日

誓約の天照大神と素戔鳴の尊が卑弥呼と位宮である理由



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録23:21頁

 《誓約の天照大神と素戔鳴の尊が卑弥呼と位宮である理由
 《誓約の天照大神と素戔鳴の尊が卑弥呼と位宮である理由


 F 天照大神と素戔鳴の尊との「誓約」は、

   卑弥呼と垂仁天皇の対魏政策の違いと論争と、

   それに伴う政権委譲の際の位宮の誓約を描く。
   
   天照大神の武器・玉は平和。
   
   スサノオの武器・剣は武力。論争の内容を短く適確に示している。
   
   
   その結果生まれた女神は壹與や邪馬壹国官名にみる弥馬升(日葉酢媛)ら。
   
   男神は邪馬壹国の高官たちである。

 G スサノオの追放は位宮の高句麗行き。

   八俣大蛇は邪馬壹国側から見た卑弥呼政権の短所。

   大蛇退治は卑弥呼政権打倒の性格と手段を活写している。
   
   少女を櫛にして頭にさすのは位宮が壹與を女王に戴いた手段への比喩と批判。
   
   浦島太郎や桃太郎と同じ童話化の部分で、子弟の教育にも、

   この鋭い眼力と潔癖な倫理観が教えこまれた。

   現代人の外観だけの名門意識のような、浅薄、お粗末なものではなかったのである。

 H 天照大神の天の岩戸隠れは、それにともなう卑弥呼の死と壹與女王の誕生。

   前天照大神と新天照大神とが、

   一人の天照大神の精神的な死と再生として描かれている。

   このことで「崇神天皇紀」に登場する天照大神も、夢や幻の話ではなく、

   生きた人物、何代目かの天照大神だったことがわかる。この場合は、

   その女王の激しさを避けて政権外に追放し、男王が政権をにぎったが、

   それが成功せず内乱になった事実の描写だ。

 『My ブログ』
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿