2011年12月17日土曜日

高天原寓話の背景にある史実



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録23:19頁

 《高天原寓話の背景にある史実
 《高天原寓話の背景にある史実

 C 光華明彩の大日孁の貴は、金髪の卑弥呼の誕生物語り。

   彼女はそのために女神官になり、そのために<ソナカ>に協力を求められ、

   その遺志を継いで天孫(アマゾン)の女軍を率いて、神功皇后として転戦し、

   倭人連邦の女王に共立され、同じ<金髪の壹與を宗女>にした。

 D 高天原は、熊毛への当て字の一つ。

   鹿児島県屋久町(屋久島南半)には原という遺跡が現存する。

   ただし今の発音は「ハロー」と聞こえる。

   ここが狗奴国のあと。

   かつて海中から、インド教の神体「宇宙卵」が続々と見つかった。

   仏教の卑弥呼のもとに「果さなかった」理由がわかる。

   狗奴は<クノ>。

   久野氏はここから出た名族。語源は高(ク)の氏。

   高族はカリエン人すなわちカルデアンで、世界最古の天文学を確立した超文化人。

   バビロンの崩壊で世界に散った人々の一部が、沖縄で宝貝を集めて貝貨として

   中国に供給、<>の隆盛を助けた。

   高句麗はその副産物。

   宝貝は欧米でカウリーまたはコウリーと呼ぶが、

   これはギリシャ語の学名からきていて、当て字は高麗

   日本語のタカラというのも同じ高麗(タカラ)が語源である。

   卑弥呼当時はカルディア人とギリシャ人との混血が進んでいた。

   これが五彩圏連邦が九州と朝鮮半島を結んで生まれた理由で、

   高天原とは、

   その政府を意味していたのである。在来の「神話的空想」の高天原とは、

   余りにも違い過ぎる。

 『My ブログ』
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿