2011年12月21日水曜日

『記・紀』には『神話』なんか一つもない



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録23:23頁

 《『記・紀』には『神話』なんか一つもない
 《『記・紀』には『神話』なんか一つもない

 L 3貴子が、みそぎで新たに生まれるのは、天照や素戔鳴が世襲の名乗りだからである。

 M 天孫降臨は、天稚彦の存在で仲哀天皇の死後の歴史が実体だとわかる。

   このニニギの命は垂仁天皇皇子のホムツワケ(品陀真若)で、応神天皇と混乱している。

 N 海幸山幸は、Eの1変形で、山幸は垂仁天皇。豊玉姫は狭穂姫。

 O 鵜草不葺合(ウガヤフキアエズ)命も、

   この史実のバリエーションではホムワケ=八幡である。

 このように要約して一覧比較する方法をとると、

 どこかで燻(くすぶ)っていた漠然とした疑問が

 すっきり吹き切れて完全な確信になる。

 「神代」の巻に青かれているものは『神話』なんか1つもない。

 すべて史実の「寓話化」である。

 しかし過去の影響が余りに大きくて、

 これらの寓話群を指して呼ぶ代名詞としては

 「神話」と呼ぶのが簡便である。

 人々が真実を常識化するまではこの状態が続き、

 私たちも心なくもそれを利用して、

 常識化をさまたげる手伝いをしてしまうことになる。

 しかし人類は一人ひとり違いがある。

 私たちの知識が一般常識になるには、まだしばらくかかる。

 それが世界の常識になるには、さらに時間がかかって当然である。

 だから私たちは、在来の日本人が、恥ずかしく思っていたことが、

 実は素晴らしいことだったと判った喜びを、

 いま「独占」しているのだと思えばいいのである。

 『My ブログ』
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿