2011年5月26日木曜日

『古事記』序文の文章と『日本書紀』にある原典

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録18:29頁
言語復原史学会・隅田真也

『古事記』の序文は、

表現を飾るために神話や歴史上の事件を、

例として引いているが、

それらの事件や用語は、当然の事ながら、

本来なら『古事記』から引用されなければならないのに、

このリストに挙げたように、

『古事記』には全く無く、

『日本書紀』にしか載っていないものが、

次から次へと引用され続けているのである。

ここには2~3だけ掲載して大部分を省いたが、

筆法や記事のクセまで取上げれば、

実におびただしい量になる。

ところがその序文の筆者が、なんと!、

これまで『古事記』を編集したとされてきた

「太安萬侶本人」だということになっている。

それが正しいのだとすると、

これは余りにも奇妙、

不可思義きわまる事実だという他ない。

日本書紀
日本書紀
古事記
古事記 

『ウバイド』
GoogleWeb検索
YahooWeb検索
YahooWeb検索
Google画像検索
Yahoo画像検索

言語復原史学会
言語復原史学会

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索

『参考』
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾         

翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford
コメントを投稿