2011年5月26日木曜日

どう見ても『日本書紀』を続んだ後のもの

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録18:30頁
言語復原史学会・隅田真也

『日本書紀』           『古事記』序文     

一物 虚中に在り 状貌言難し    誰か その形を知らむ

天先成りて 地後に定まる      乾坤初めて分れて

開闢の初めに~便ち神化成る     陰陽ここに開けて二霊群品の祖となる

左眼を洗う➩天照大神 右眼➩日 月 眼を洗ふに彰れ

月読尊 

洲壌の浮き漂う~一物生まれ     海水に浮沈して 神祇 身を滌ぐに呈われ

天下を撥げ平むけて八洲を      天下を平むけ 小濱に論して国土を清めき

奄有す   

父(ホ)瓊瓊杵根尊          番(ホ)仁岐命(『古事記』は番邇邇芸命)

「神武紀」 始めて秋津島の     神倭天皇 経歴 于 秋津島
号有り  

「神武紀」 墨坂に焼き炭を置く   烟を望みて

(神武と天武が速津飛鳥に都した)  勒 于 遠飛鳥

日本書紀
日本書紀
古事記
古事記

月読尊
月読尊
秋津島
秋津島



『ウバイド』
GoogleWeb検索
YahooWeb検索
YahooWeb検索
Google画像検索
Yahoo画像検索

言語復原史学会
言語復原史学会

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索

『参考』
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾         

翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford
コメントを投稿