2011年5月14日土曜日

ゴビ砂漠は大『干支圏』が生んだ名詞

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録18:21頁

そのさらに東南にアラル海を挟んでジュサルイがある。

これも従・獲・王だ。

その南南東にあるはずの「未」はどだが、

その位置にビルジャンド(未の邪馬(ビルジャム)の土地)がある。

しかしここはバルハシ湖の北岸で、

その東南東は中国領になってしまうが、

そこにウルムチ・鳥魯木斉(ウルムチ)がある。

ウルは大国(ウル)だから大国(ウマ)、ムチは貴で王。

干支の午(ウマ)に合っている。

だがロシヤから中国に入っているのは、

何となく変な気がする方もあるかと思う。

しかしロシヤがこの辺りを領土にしたのは、

16世紀から18世紀にかけてであるから、

『干支圏』は今の国境には関わりはない。

その地名は古代からのもので、ただロシヤ語の発音になったり、

何か付加されたりしているだけである。

このことの最も強力な証拠は、蒙古のゴビ砂漠だ。

ゴは午、ビは未で真南と南南西である。

北は当然ロシヤ領になければならない。

というより、

蒙古はその南端部だけを引き受けているのであって、

大半の干支は国外にある。

それは確かにシベリヤー帯に、時代を異にしたものが、びっしりと分布しているのを見た。

というより、本講ではその全てを見ていく余裕はなく大半を省略したが、

それでも多過ぎるほどのものが現存していることを確認できた。

これまで、この干支名と地名との照合ぶりをご覧になって、

何となく半信半疑だった方も、これで、はっきりご納得戴けたと思う。

干支圏
干支圏

『ウバイド』
GoogleWeb検索
YahooWeb検索
Google画像検索
Yahoo画像検索

言語復原史学会
言語復原史学会

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索

『参考』
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾         

翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford
コメントを投稿