2010年10月7日木曜日

実在している「夜食国」それは仏教思想の産物

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録11:18頁

この<ヨナ>という発音はさらに別の問題にも、

正確な答を与えてくれる。

「夜々」と書いて「ヨナヨナ」と読み、

夜の仕事を「ヨナベ」という。

この「夜=ヨナ」の発音を意識すると、

これまで「夜の食(お)す国」などと読むのだと教えられてきたものの、

なんのことだか分らない3貴子分治に出てくる

「夜食国」の意味が正しく解ける。

南九州では夕飯の後で夜なべ仕事などをして、

もう一度食べる夜食を「ヨナグイ」という。

そして、その南九州語では与那国も「ヨナグイ」と発音する。

夜食国は南九州人が記録した与那国を指す、

実に適切な当て字だったのである。

沖縄語は<東>を<アガリ>、

<西>を<イリ>という。

明らかに太陽が上がる方向が東、入る方向が西と、

太陽を基準にした言葉である。

最も西の大島(だいとう)を西表島(イリオモテ)と呼び、

その西に最西端の与那国島がある。

これは確かに太陽が沈んだ後の「夜の国」だから「夜ナ国」でもある。

<ヨナヨナ>、<ヨナベ>、<ヨナグイ>の

「夜=ヨナ」という日本語は間違いなくここで生まれている。

3貴子の話では夜食国は月読の命が治める冥界である。

亡き母・伊耶那美は冥界に居るから、

スサノオは母とともに居たいと、

不満で泣きわめいて割り当てられた海洋を治めない。

西に冥界があるというのは仏教だけの思想である。

「西方浄土」という熟語がそれを証明している。

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿