2010年6月19日土曜日

珍は2人いた

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録09:11頁

『記・紀』はそのあと珍と讃が皇位を譲り合って、

どちらも即位せぬうちに珍が死んだと書いているが、

現実には珍は讃より前進して淡路島に入り、

そこを基地にして対岸の紀州を領土に加えている。

沖縄語は<キ>を<チ>と発音するから<チン国>は

関西語では<キノ国>になるからである。

だから宇遅能和紀郎子は<ウ=大=倭>、

<チノ=珍=津名十キノ=紀伊の国>、

<ワキ=稚=和歌山>という名乗りになり、

和歌山県が2重になってその足跡を明瞭に立証している。

宇佐や四国で自殺なんかしていないという名乗りなのだ。

このことは次の天皇・履中の名乗りでも立証されている。

その名乗りが<イサナキワケ>で、

皇后<イサナミ>と「国生み」をした神であることは

すでに詳しくお話しした。

<イサ>=伊勢、<ナ>は助詞または<奈良>、<キ=紀伊>、<ワケ=和歌山>。

奈良はおいても和歌山県だけでなく伊勢まで領土に加えている。

これは先行した珍がなければ、

『宋書』が記録した期間内では不可能な領土拡大である。

それを『記・紀』は<履中天皇>だけを<皇統>に入れている。

だからこれまで珍は履中だとしてきたが、

史実は宇遅能和紀郎子の生存と東征を証言しているのである。

この2人のどちらが祭られているにせよ、

その和歌山には足守神社がある。

これは<アモリ=天降り>で南九州語なのである。

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿