2014年7月29日火曜日

埼玉・鹿島:剣持神の国(5)稲荷山古墳出土鉄剣銘文の氏族

 浦和レッズレディース
 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:704頁

 第十一章 日本に祀られたインドの神々

 埼玉・鹿島:剣持神の国(5)稲荷山古墳出土鉄剣銘文の氏族

 ②多加利足尼

  第2代の名を「タカリスクネ」と読む見解もみられるが、

 これは「多(オホ)のカリ宿禰」と解読すべきである。

 その上祖「意富」を多氏と解する理由は、

 2代4代5代名の最初に「多」があるからである。

 足尼は宿禰と同義とみられるが「多加利(おおかり)」は

 ahas-kara で「太陽」を意味する。

 この ahas-kara は ahas-cari で

 cari は「動くこと、行」である。

 ここに窺われるのは日神崇拝者の系図である。

 ③弖已加利獲居

  第3代の名は「テシカリワケ」と訓ある。

 獲居は「別」と理解されている。

 「テシカリ」は trjo-kara の音写で「光輝のもの」で、

 これも「太陽」を表わしていると考えられる。

 ④多加披次

  第4代の名は「多のカワジ」と訓め、

 カワジはその語義を確定するのは難しいが、

 現在の埼玉郡川里村の「川」に係わるものと考える。

 というのも村内の地区名「広田(ひろた)」の祖語を

 「コウダ/コウチ」とすることができるからである。

 成田市台方の麻賀多神社のある地域公津(きみつ)は

 「コウチ」で、その隣りの江弁須は「カワジ」に近似する。

 「カウチ」は

 奈良県桜井市、明日香村などかっての大和国高市郡、

 大阪府の「河内」に通じ、古代の王朝所在地の地名に係わり、

 これらを考察すると「王族」ないし

 サンスクリット語の「城」を意味する koṭṭa 、

 セム語の kussi(王座)を祖語とする

 「城主」を表わすものとみられる。

 川里村広田の南には行田市埼玉のすぐ東に接し屈巣(くす)、

 さらに鴻巣があり、加披次の遺称ともみられる。

 《参考》

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 
  

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 本生図と踊子像のある石柱

 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿