2014年3月19日水曜日

姑射と偎人(4)


 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:552頁

 第十章 天毒とセリカ

 姑射と偎人(4)

 この地域は明らかに古代の韓の国域である。

 鹿児島県揖宿郡、指宿市は「イブスキ」として

 奈良時代から知られる。

 指宿市池田には玖珏神社が鎮座するが、

 玖珏は玖珠でクン・シーに相当する。

 揖宿郡の隣り川辺郡知覧町の瀬世も祖語はチェシャである。

 喜入町の瀬々串は「赤米新田」となる。

 喜入は「和名類聚抄」に「給黎(きれい)郷」と記されているが、

 黎は「のり、ねばり」の意味で

 「糯」つまり「もちごめ」を表わしているとみられる、

 「きれい」はまた「きらい」とも読める。

 「ヤ」はチェシャの「チェ」と同義で「米」 をいい、

 知覧の「チラン」に対応し、喜入、知覧ともに

 「もうごめん」の意味とみられる。

  タイ族は四川盆地から南下した米作民族である。

 彼等の仲間は貴州省と広東省の間に

 広西壮族自治区を形成する民族集団である。

 「壮族」は一般にチュワン zhuan と呼ばれ、

 田陽市がある通り田 tian と同義の農園を表わす。

 タイ族は、中国、ラオス、ベトナムのタイ族などを合わせると

 一億人を超し、日本の人口と匹敵する大民族である。

 『参考』
 前人未到の道を行く - 邪馬台国・奇跡の解法 - Gooブログ
 古代史獺祭


 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている)]
 
  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部



 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq)
 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 ハラフ期の土器について
 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿