2013年1月7日月曜日

語系…沖縄ペルシャ、鹿児島ギリシャ



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録37:8頁

 《語系…沖縄ペルシャ、鹿児島ギリシャ
 「語系…沖縄ペルシャ、鹿児島ギリシャ

 ペルシャ語の母音はpa、saと「a(ァ)」だが、

 ギリシャ語はpe、seと「e(ェ)]だ。

 これは沖縄語の「a」が鹿児島語で「e」になる閑係と同じである。

 私たちは既に、

 ペルシャ湾岸のカルデア人が移住してきて、

 カリエンとよばれ、

 沖縄中心養殖、加工して、それを貨幣として中国その他と交易。

 高句麗や蒙古などを建設し、

 殷帝国を興して、東亜の経済を支配していた史実を、

 充分な証拠群によって、よく知っているから、

 古代湾岸語が沖縄語の基礎にあることも私達の常識の範囲内にあった。

 またギリシャ人が東亜に移民して私たちの祖先に加わった事実も、

 あらゆる角度から見た証拠群の多さで、

 疑う余地のない史実であると知っている。

 鹿児島語の祖語がギリシャ語である可能性も、

 すでに3000語以上の共通語が存在する事実を発見しているから、

 それをさらに高めただけに過ぎない。

 本講を熟知しておられる皆様は、

 こうした世界史最高の最新の知識を常識としてお持ちなのである。
 
 世界の人々に先駆けて、

 歴史、言語学界に君臨して居られる事を常に念頑に置いて、

 日々を楽しく、ご満足いただきたい。

 ただ、沖縄にもイオニアを指すパーリ語の名「与那国」があり、

 他にも与那のつく地名が分布しているから、

 各語の影響が単純ではないことは申し上げるまでもない。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿