2013年1月6日日曜日

首都名が有(も)っている証拠力の分析比較



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録37:7頁

 《首都名が有(も)っている証拠力の分析比較
 「首都名が有(も)っている証拠力の分析比較

 ペルセポリスはギリシャ名で

 パルサカルタが本名である。

 ここは現在はフアールスと発音が変化しているが、

 これは古代のスサが、

 今ではスーサと引き伸ばした名に訛っているのと同じで、

 パルサ(=ファルス)が首都を意味し、

 カルタが街を意味していたのである。

 これを、

 次のように比較対照すると、

 相互関係が明瞭になってよく判る。

 パルサ カ ルタ   ペルシャ語  アケメネス王朝時代語  漢・韓 カン

     ファルス   ペルシャ語  中世語         漢・韓 ハン

 ペルセ ポ リス   ギリシャ語

     パ リ    パーリ語(サカ語⇒インド語)=移動の証人。巴利国。

 これを、

 こうして変化した部分だけ対照すると、さらに相互関係が明瞭によく判る。

 パ サ a   カ k ペルシャ語  日本語発音       漢・韓 カン

         ファf~・h      韓国語・中国語発音   漢・韓 ハン

 ペ セ e       ギリシャ語

     ポ      ギリシャ語  日(ホ)・穂・豊の国

     パ      パーリ 語  巴利国=隼(ハイ)人

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿