2013年1月25日金曜日

女性生理用語のルーツだったハラン



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録37:26頁

 《女性生理用語のルーツだったハラン
 「女性生理用語のルーツだったハラン

 ハランも月を主神にしているが、

 こちらは新月でなく「月」である。

 それなのに「シン=神⇒神道?」という名なのである。

 女性は月齢に支配される「月経」という生理作用をもっているが、

 古来の名前は「つきのもの」だった。

 それは神聖な受胎の可能なときを教える神の御業で、

 それに付随する現象がハランと呼ばれていたことを、

 今も立証し続けている方言が日本語中にある。

 それはやはり南九州語で、

 ハランという発音まで、そのままの言葉だ。

 それは漢字で書けば「孕む」である。

 それまで無かった言葉が、

 ハラン人たちがやってきて、

 進んだ産科医学の知識で、

 女性たちに幸福を授けた事実が、

 このハランという動詞に籠っていることを見落としてはいけない。

 これと全く同じことが現代のイラン語にも起こっている。

 私生児のことをハラーム ザーデ=harmam zadeというのである。

 ハラは腹(ハラ)の語源なのだ。
               
 またハラは原で高天(たかま)が原は首都だった。

 当然のことながらこの国名は、

 わが国では名乗りになって、

 今も由緒ある姓や地名として健在だ。

 原野(ハラノ)がそれであり、

 本学会員の原園(はらぞん)教授もまた、その伝承者のお一人である。

 なぜなら英語でよくご存じの

 horizonは、欧米人の発音を聴くと、ハラゾンと聞こえる。

 それは地平線や水平線を意味するが、

 そこはまさに月が現れては昇り、下っては姿を消す、

 「月の神の国」そのものである。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿