2013年1月4日金曜日

その史実性を立証する言語学根拠



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録37:5頁

 《その史実性を立証する言語学根拠
 「その史実性を立証する言語学根拠

 こうした立証をすると、

 「しかし、それは、そう見れば見えるというだけで、

  駄洒落の一種じゃないか。

  そんなものは何の証拠にもならない」と冷笑する入が出てくる。

 それは当然のことで、

 それが「なぜ、動かぬ証拠なのか」を、

 理解してもらわなければならない。

 この古代名詞群の場合は、

 それらの古語が私たちの日本語とどう絵び付く言語かを、

 常識として知っている必要がある。

 それは在来の言語学が

 「日本語はウラル~アルタイ語の一種だ」と

 教えてきたことを常識だと錯覚していたのでは、とても理解はできない。

 もうすでに『日本語には複数の言語が混在しているという』、

 言語復原史学の常識が基礎になければ、

 幾ら努力して発見を重ねてみても、

 冷笑する敵を作るだけである。

 しかし私たちが、これまで「方言差」として扱ってきたものこそ、

 実はその移住者が持ち続けてきた、『母語の発音差』だったのである。

 これが理解できれば、

 在来のウラル語系だという説は、

 根本から間違っていたと理解され、

 はっきり改められる。

 そして

 「日本語は、先住民のウラル~アルタイ語に、

  複数の地域からきた複数の母語及び日用の単語が加わった合成言語である」と定義される。

 それを、ごく単純明快に説明、立証してご覧に入れよう

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿