2013年1月2日水曜日

正反対で誤解の余地のない天皇ユダヤ説



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録37:3頁

 《正反対で誤解の余地のない天皇ユダヤ説
 「正反対で誤解の余地のない天皇ユダヤ説

 天皇家はユダヤ人だという説が何となく底流していて、

 政治家達にもそれに惑わされて、

 フリーメーソンに加入した者までいるが、

 信仰に拠って立つ天皇は万神を祭る。

 ユダヤは偏狭な一神教で、

 それから分かれたキリスト教でさえ許さず、

 そのキリスト教の聖書もまた、

 分派活動家たちを虐殺して全滅したと、

 誇らしげに記録を残している。

 だから完全に正反対で誤解の余地はない。

 天皇ユダヤ説は金儲け目的の詐欺で、

 太秦ユダヤ説などもその手先の仕事だと、

 明確に断定、ご結論になったと思うので、次は渡来が確認できた、

 レバノン原産の杉を海路もってきたスサの王の国・スサとは、

 どんな国だったかに、お話を戻そう。

 紀元前4000年紀の末頃になると、

 それまでメソポタミヤで進行していた都市国家化は、

 大河を越えてイラン南西部のフジスタンにも波及して、

 そこに住んでいたエラム人たちが、

 スサなどの都市国家を建てて行ったのである。

 こうした史実は、スサから1000km程の位置にある

 イラン高原南東部のヤヒヤ(テペ)出土の粘土坂に、

 原始エラム文字で書かれたものが出土して解った。

 では、わが国にやってきたのは、スサの王だけだったのか?、

 他にもやって来た人たちが居たのか?、

 以上の説明に出てきた地名・国名から、

 どれだけのことが判るか、その検討から始めよう。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿