2013年1月27日日曜日

国会⇒大天、指導者⇒阿婆、司祭⇒参宮



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録37:28頁

 《国会⇒大天、指導者⇒阿婆、司祭⇒参宮
 「国会⇒大天、指導者⇒阿婆、司祭⇒参宮

 一つ一つを見ているとコジつけに見えるのに、

 数千年昔の名詞の総てが、

 こんなに合理的に日本語で読めて、

 その内容が合理的で、

 よく理解できるというのは、何故なのだろう?。

 これだけの国々の人が全部、

 引っ越して来たとは考えられないから、

 移住者が各国からの参加者で構成されていたことになるが、

 そもそも、その国々はどんな国だったのか?。

 シカゴ大学のヤコブセン教授が1942年以降、

 次々にスメル都市国家の実態を

 合理的に復元して説明した論文が最も史実に近いので、

 それを要約してお話しすると、

 国家体制などの言語以外の要素もまた、

 我が国と一致しているものが多く、

 我が国のウバイド女帝制から男子天皇制への移行の原形が、

 すでにスメルにあったことまで明瞭にお解りになる。

 ウルク都市国家の形成途上に当たる

 ウルクNo.4層から発掘された、

 スメル最古の絵文字で書かれた粘土板には、

 Ukkin ウキン=国会⇒(ウチナ)や、

 Abba アバ=指導者・議員⇒(阿婆)、

 Sangu サングウ=司祭者⇒(参宮)という名詞が書かれているが、

 後代の粘土板に多出する、

 ルガルやエンシ(ともに独裁的国家支配者)と書いた文字は見当たらないし、

 エリヅの遺跡では、

 何一つ遺物のないところに、一辺3mの方形神殿がみつかっているが、

 後世になるにつれて神殿は大きくなり、

 穀物や油の倉庫が付属するようになって行く。

 王道 : スメル=スメラ

 精神のエクスペディシオン

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿