2012年9月7日金曜日

ウバイド人が間違いなく周代の中国に居た完全立証


 
 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:23頁

 《ウバイド人が間違いなく周代の中国に居た完全立証
 「ウバイド人が間違いなく周代の中国に居た完全立証

 しかしこれで、周人ウバイド人を知っていたこと、

 それはわざと倭人と書いているが、

 その実体は殷人と同じ人々だったことが確認でき、

 間違いなく周代の中国に居たことが完全に立証されたのである。

 その記録が『論衝』という後世の文書にしか載っていないことで、

 頭からデタラメだときめつけて、

 それが知性ある行為だと錯覚している自称評論家などもいるが、

 そんな連中が人類の進歩を妨げる敵だということは、

 この例でよくお判りになったと思う。

 そんな連中が懐疑派などと呼ばれてインテリだとされた時代も確かにあったが、

 私たちはすでに、ずっと高い知性をもった時代に生きているのである。

 では周朝が倭人と呼んだ人々は、その後どうなったのか?…。

 それが殷入と同じ人たちだと判ると、殷の最後の皇帝・紂王が滅ぼされたあと、

 その兄の箕子(きし)が朝鮮半島に移って今の平壌に都・王険をつくり、

 箕子朝鮮をたてたが、

 その子孫の準王は、B.C.E.3世紀に、

 難民の衛満に騙されて朝鮮を奪われ

 海を渡って韓地へ逃げたことを本講でも検討した。

 朝鮮の位置と範囲は時代によって、いろいろ変動はあったが、

 その位置は今の半島以外ではありえない。

 すると、そこから海を渡って逃げ込める韓地とは、

 どこのことだったか迷うような問題ではなかったのだった。


 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿