2012年9月2日日曜日

大化改新が遺した汚物=日本列島土人単一民族説



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:16頁

 《大化改新が遺した汚物=日本列島土人単一民族説
 「大化改新が遺した汚物=日本列島土人単一民族説

 『日本書紀』が書く大化改新像は、真実とは程遠い。

 それは当然のことで、唐の脅威に対抗するために決行した改新を、

 その唐に読ませるために編纂した『日本書紀』に、

 ありのままに書いたのでは、

 何のための改新か、何のための編纂か、判らないだけでなく、

 反って唐を刺激して、とんでもない逆効果しかもたらさないからである。

 『日本書紀』は、ここまで読まなければ史実は読み取れない。

 そして、その『日本書紀』に反発して、

 それを批判し非難するために書かれた『古事記』を、

 『日本書紀』と同列に『正史』として扱ったのでは、

 まともな結論は出ようがないことも判りきっている。

 この点だけみても過去の国史学が、

 どれくらい「いい加減なもの」だったか、幼児にでもわかる。

 『日本史』は、建国史だけでなく、この大化改新に至るまで、

 これから正しく分析し直して、

 新しく解説を書き改めなくてはならない、処女的文献なのである。

 蛇足だとは思うが、その理由をも少しご説明すると、

 例えば天智天皇の実行した改新は、非常に徹底していた。

 それまで聖徳太子の舘を上(うえ)の宮などと呼んできた

 「上(うえ)」の発音を総て「カミ」と、

 「神」に変えて仏教色を取り除き、仏に仕えるウバイドではなく、

 神に仕え「上(かみ)」に変えてしまった。

 今も天皇を「お上(おかみ)」と呼ぶのは、これに始まる。



 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿