2012年9月5日水曜日

『天皇』の名は我が国で生まれた敬称代名詞



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:21頁

 《天皇制は、いつ?、どこで?・生まれたか?》18頁欠落
 「天皇制は、いつ?、どこで?・生まれたか?」18頁欠落
 《天皇制は「ウバイド期生まれ」という証拠群》19頁欠落
 「天皇制は「ウバイド期生まれ」という証拠群」19頁欠落

 《『天皇』の名は我が国で生まれた敬称代名詞
 「『天皇』の名は我が国で生まれた敬称代名詞

 こうしたことを、なお非難し、認めようとしない連中が挙げるであろう反対の声は、

 天子も天王も天皇も中国の言語であり、文字だという事実であろう。

 しかし、この事実は私たちには味方であって敵ではない。

 なぜなら中国文字の起源こそ、

 ウバイドの農耕文明がもたらした余暇の産物である文字が、

 ウバイド→インダス→稲敷→殷と伝わって発展させた文化だからであり、

 それらを多用した隋や唐の皇帝たちも、

 気候に恵まれた日本列島で高度の農耕文明の恩恵を受けた人々が、

 人口の増加で溢れ出て、

 新天地を求めて移動して行って築いた、

 倭人国家群のうちの1つの子孫だった事実が、

 すでに確認されているからである。

 この事実は、四神や五彩圏の色の名が、中国起源のものではなく、

 ギリシャで生まれて、今なお生きて使われている方位名であり、

 日本語でもそれが読解できる事実が、

 そのルートが

 ギリシャ→日本→中国であることを明示していて、逆に考えることはできない。

 いま私たちが知った『天皇制ウバイド誕生』の事実は、これをさらに補強するからである。

 なぜなら「天皇」という、

 固有代名詞中でも極端に限られた用途の敬称代名詞は、

 他の物品の名のように転々と拡がって使用される名詞ではない。

 だから道教が用いた「天皇大帝」の名は、

 四神や五彩圏などと同様、

 我が国の固有文化が中国で開花した証拠なのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿