2012年9月27日木曜日

ウバイド→優婆畏人→倭人(ウワイト)は「母系国家」も意味する



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録33:13頁

 《ウバイド→優婆畏人→倭人(ウワイト)は「母系国家」も意味する
 「ウバイド→優婆畏人→倭人(ウワイト)は「母系国家」も意味する

 ウバイドと倭人(ウワイト)が、

 インダスを経由して続く一系の人々だったことは、

 すでに確認できているし、

 同系のカルデア人の子孫であるカレン人(カリエン=高麗人)が

 今も厳重な母系集団を維持していることも、

 その歴史もまたよく御存知である。

 いまここまで検討してきたのも、

 卑弥呼と壹與が

 「なぜ?女王に選ばれたのか?」という命題によるものだった。

 その答は倭国が日本に変わるまで女帝国家だったことであり、
 
 その後も孝謙天皇に至るまでの天智天皇の血を受けた持統天皇系の歴代もまた、

 女帝主流だったことが、この答を補強している。

 それは優婆畏が証明したように、

 ウバイドそのものが母系国家だったためであり、

 卑弥呼が最高位の支配者・天照大神として特記されていることでも明らかなように、

 「倭人=優婆畏人=大母王土(ウバイド)」とは母系国という名だったからである。

 ウバイドでは主婦が内治に当たり、

 集落の中心に聖域を置き、神々を集り、

 農業を中心にして畜産・肉食を避けて、牛を神として崇め、

 やがてそこが政策決定の王宮に発展した。

 それはそっくり倭国の国是であり、王制であり、祭政一致であって、

 伊勢神宮以下の神殿と鳥居が

 牛を象徴とする構造と八百万(やおよろず)の神々を集ることで、

 ウバイド・スメル文化と一致する。

 我が国古代の王称が「キ」なのも、

 本来は「姫・キ」と書かれていたからなのである。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿