2012年9月20日木曜日

仏教説話として作られた「釋迦出家物語」



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録33:6頁

 《仏教説話として作られた「釋迦出家物語」

 「仏教説話として作られた「釋迦出家物語」

 従来の仏教観では、

 釋迦については、そうした背景には全く触れず、

 彼が突然『無常』を感じて出家したものだと信じられてきた。

 しかし今、こうしてウバイド人との人種関係が、著しく明瞭になってみると、

 これまで固定していた釋迦の出家物語は仏教説話に過ぎなくて、

 ウバイド以来の思想の伝承者であった彼は、

 女性上位の政教の欠陥を感じて、

 よりよき理想を求めて后妃と離別したのが

 真相だと考えるほうがより合理的である。

 こうしてパーリ語が教えてくれるウバイドとの関係は

 実に大きな問題の扉を開いた。

 それは単に仏教観を変えるだけでなく、

 人類の未来の思想と平和に、

 新たに大きく寄与することになったのである。

 張政らが卑弥呼らを「倭人」と書いたのは、

 倭人がウワイトと呼ばれていたからであり、

 それが当時の世界常識だったからである。

 張政の職名は彼がパーリ語に精通していたことを証言している。

 だからあれだけ精密に倭人について書けたのである。

 それでなければ通訳を通じてでは手間がかかり、

 誤訳も多くて、

 あれだけの内容をもつ報告書を書き、

 今なお信頼し重視されることなどあり得ない。

 以上でウバイド人=パーリ語人=倭人であった史実は、

 さらに一層深く強く確認できた。

 パーリ語とウバイド語の関係は、

 知れば知るほど事実を痛感させる。

 さらにそれをご納得のいくまで、ご覧戴くことにしよう。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿