2012年9月4日火曜日

『天皇制』の誕生と神託としての『日本書紀』


 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP
 『Yahoo!天気・災害』 


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:18頁

 《『天皇制』の誕生と神託としての『日本書紀』
 「『天皇制』の誕生と神託としての『日本書紀』

 ヒトラーが悪用したそれは自滅だけで済まず、

 行きずりに婦人や子供を殺傷する犯人どころではない劇甚な被害を、

 日本人全部に、ひいては人類全体に及ぼすからである。

 時代遅れの「単一民族説」で国民が団結することなど、

 未開な明治大正時代でも有り得なかった。

 ましてや国民の知性が、格段に高まっている現代や近未来に、

 そんな妄説で国民を支配できるという妄想が、人類社会に良い実を結ぶわけがない。

 その必然的な結末は、血まみれの地獄図そのままの暴力団の末路や、

 地獄図にも見られないほど無残な、第二次大戦が現出したような大惨劇こ終わる。

 私たちの先祖は、こうした悲惨事を避けるために、政権は天皇家のみに属し、

 武力では得られないものとする『法』を練り、国民はそれを了承して、

 永遠に平和と繁栄を築く事を堅く誓い合った。これが『天皇制』なのである。

 それは暴力によって国民を奴隷とした西欧の覇権とは180度異なる「母と子の契約」だった。

 それなのに天智天皇の『日本書紀』は、

 神武天皇を武力による覇者として描いていることに最大の注意が要る。

 それは天智天皇自身が起こした大化改新事件の弁解と、未来への警告。

 それが現実になる末世を予言し、そうした事態を招く武装国家の愚と、

 それを招いた唐の罪とを暴いて見せた。

 「政治学の教科書」であり「神託」でもあったと言うのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿