2012年9月15日土曜日

平和理想が生んだ世界に類例のない八千年の長寿王家



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:31頁

 《平和理想が生んだ世界に類例のない八千年の長寿王家
 「平和理想が生んだ世界に類例のない八千年の長寿王家

 厩戸皇子という名乗りは、

 「ウバイド」が我が国の正確な国名だったことを教えてくれた。

 それは今流にいえば日本国皇太子に当たる。

 倭国の名は640年頃の日本誕生までの我が国の正式な国名だったのだから、

 8000年前のウバイド期から数えると67世紀続いた国名である。

 その間、

 天皇家が治め続けていたのはウバイド国だったことが、

 これで確認できたのである。

 さらに考えると天皇家は聖徳太子の血を継いでいるのだから、

 8000年続いているのである。

 それを天智天皇が倭の名を嫌って、

 自分の名乗りニップルの「日本」に改名してしまったが、

 実体はウバイド発祥の天皇家であることは、少しも変わらない。

 第二次大戦後は戦争の被害の大きさを怒り、

 それを変えたいという人が我が国にもいるが、

 それは天皇家次第である。

 無価値か、有害なら仕方がないが、

 8000年も続いた王家は、世界中にも類例がない。

 本来のウバイド国=倭人国は、

 天智天皇の大化改新以前は、

 愛と平和を国是に女帝が統治した理想国家だった。

 今グローバル化し始めた世界の指標としても、

 類例のない理想政治を行なっていた平和な国だった。

 また今の我が国は民主国家で暴君に支配される恐れはない。

 天皇家は私のこの発見によって、

 在来の誤解を払拭して全く別の価値をもったのだから。

 今後は天皇家の問題は、

 全てこの発見の上に立って議論しなければ、

 正しい結論は決して出ない。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿