2012年9月13日木曜日

ウバイドの集落に原型が存在していた『天皇制』



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:29頁

 《ウバイドの集落に原型が存在していた『天皇制』
 「ウバイドの集落に原型が存在していた『天皇制』

 これで判断できるように、ウバイド文明は豊穣と平和の文明であった。

 もちろん犯罪者は発生したが、大規模な侵略は起こり得なかった。

 狩猟民や遊牧民は、収獲に大面積を必要とする生産方式に妨げられて、

 大人口集団はなりえなかったし、

 当時の石器武装では、富による防衛力で遥かに優るウバイドの人々を

 追い出すことは不可能だったからである。

 しかし飢えた外来者による犯罪や、

 飽食による性欲異常者の犯罪も絶えないから、

 それを防ぎ、罰する法律と、それを執行する権力者が必要になる。

 その適任者は各住居地の中央に鎮座する「クウエイト神」以外にないから、

 その祭祀者がそれを代行する。

 その祭祀は男たちが働きに出掛けたあと、

 花や水を供える主婦の仕事である。

 ウバイド期から倭人時代まで一貫していた女帝政権とは、

 その延長だったのであり、

 その実例は今なお日本人の家庭にも残り、

 中国の黎(り)族、東南アジアから

 ミャンマーのカレン、カリエンの人々の間では

 濃厚に見ることができる母系家族方式である。

 『天皇制』は、

 ウバイドでは当然日常生活に深く根をおろしていた

 「信仰習慣」の延長だったのであって、

 それが、いつ?誕生したかと限定するほうが難しい。

 強いて言うならば、それはウバイドの集落が生まれた時、

 すでに原型が存在していたということになる。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿