2012年9月16日日曜日

この発見で再検討価値が蘇ったムーや古文献



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:32頁

 《この発見で再検討価値が蘇ったムーや古文献
 「この発見で再検討価値が蘇ったムーや古文献

 チャーチワードがインドで発見したという『ムー大陸』の話もまた、

 従来は余り信じられていなかったが、

 その実体は8000年続いた我が国の話が誤伝されたものと考えると、

 生々(いきいき)とした生命を持ちはじめる。

 我が国はその位置もアジヤの東の海上に実在している。

 ただムー大陸という表現に比べて日本列島はそのサイズが小さいので、

 地震国である我が国で絶えず起こり続けていた海没した部分の話が、

 誇大に伝えられたと考えると、辻褄が合ってくる。

 そうでないと我が国の存在が、

 余りにも西の国々に伝わっていないのが不思議なのである。

 我が国が8000年の歴史を持っていたことが確認できてみると、

 過去に誤伝や捏造だといって無視されてきた古文献も、

 改めて再検討する価値が、確実に再生してきたのである。

 インドの人たちも、殷の人たちも、同族であるだけでなく、

 貝貨幣に始まって、

 銅の矛や剣や鏡などが、大量に通商されていた事実が、

 動かぬ物証として残っているのに、

 その記録はまるで見つかっていないからである。

 過去の『文献』のみによる歴史学の手法は

 確実に欠落した部分をもっている。

 それは時代遅れの欠陥学術だったことが明白になった。

 これから本当の私たちの先祖の歴史が、

 続々と生命を蘇らせはじめる。

 それは全て本講座で

 永年ご研鑽になった先生方の世界の誰も持たない知識による、

 ご指導によるものなのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿