2012年9月26日水曜日

神殿が物語るスメル・バビロン帝国形成の経緯



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録33:12頁

 《神殿が物語るスメル・バビロン帝国形成の経緯
 「神殿が物語るスメル・バビロン帝国形成の経緯

 ウバイド以来の伝統であった都心の神殿も王宮もないことから、

 そこは職人と商人の町で、家内工場や倉が建ち並ぶ商工蔀市だったことは明らかである。

 首都は他にあって、そこに女王がいた。

 商工業歳の大阪や名古屋と、首都東京とのような関係が、

 すでに当時から生まれ営なまれていたのである。

 8000年前のウバイドの住居址は、集落の中央に神殿をもっていた。

 それと異なるから、モヘンジョ・ダロの先住民は、

 ウバイド人ではなかったのではないか?という疑いが生まれる。

 しかしウバイドの集落にある神殿を、

 それが神殿だと決定できたのは、

 それが時とともに立派になって行き、

 スメルからバビロンへと時代が進むにつれて、

 明瞭に大神殿なったし、

 同時に文字が生まれて、

 それが神殿であることが明記されているし、

 遺物もまた神殿特有のものが出土しているので、

 それから逆行してウバイドにまで遡って、

 集落中央の特徴のある遺跡が神殿だったと判り、

 確認され定義されたのである。

 この経韓から、

 初期は集落ごとにあった神殿が、

 時代と共に数が減り、

 首都にだけおかれるという国家形成と小国統合と帝国化といった、

 その発展成長の歴史が段階を追ってたどれ、

 後には武力中心の男王帝国に変貌して、

 興亡を繰り返すようになったが見て取れる。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿