2012年9月28日金曜日

我が国とウバイド以外にはない「多神教と祭政一致」



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏
 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録33:14頁

 《我が国とウバイド以外にはない「多神教と祭政一致」
 「我が国とウバイド以外にはない「多神教と祭政一致」

 多神教の神道と祭政一致の天皇家は、

 8000年前のウバイドで、

 女王が産土(うぶすな)神を祭り神官を勤めた伝統を、

 今まで継承してきたものだったことが、解るだけではない、

 この形は世界中を見渡しても我が国とウバイド以外にはない。

 我が国の神殿群が、

 いずれも簡素で清潔なのは、

 バビロンなどに見る男帝国家群が、

 信仰を政策と虚栄の道具に堕落させ、コケ脅しの巨大建築を造り、

 凄惨な戦闘図を掲げた幼稚な王たちの低い思想と

 倫理感を記録しているのに対比すると、

 際立ったコントラストを見せている。

 神道を語る者は、この事実を知り、

 比較できずにいては、正しい評価ができるはずがない。

 これまでも多くの教養のない主張が、

 神道の神聖を著しく堕(おと)してきた。

 ことに戦前の天皇家利用犯罪集団は、

 神道を人倫の道を踏み外した魔道としか思えないものとして、

 海外の人々の脳裏に強く焼き付けてしまった。

 大悪魔ヒトラーでさえ、

 その模倣者に過ぎないとする学者もいるほどである。

 しかし在来の神道論は、

 無教養な愚者による低級幼稚な主張だったことは明らかである。

 今、

 ウバイドからの歴史が解明されてみると、

 天皇家と神道が8000年の伝統を保って、

 未来の人類によく繁栄をもたらす、

 理想と能力の持ち主だったことは疑いない。

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿