2012年3月28日水曜日

真の『神道』は高度の政治哲学。『記・紀』は憲法



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録26:32頁

 《真の『神道』は高度の政治哲学。『記・紀』は憲法
 《真の『神道』は高度の政治哲学。『記・紀』は憲法

 これでわかるように、在来の学者が神話だとしてきたものは、

 ギリシャ以来の神託であり、予言であり、

 それが的中した「実例集」でもあった。

 『神道』は、国がよりよく発展するための道として、

 何が正しいか、どうするべきかを示す「政治哲学」でもあったのである。

 神託を最上の指針として用いたのはギリシャで、
 
 それをローマ帝国が継承した。

 アポロン神殿のピューティヤは大蛇と共にいた。

 その大蛇をアポロンが退治て国を譲り受けた。
 
 その神託がそのまま出雲の神託として、

 我が国の政治の規範になった。

 それは『記・紀』が共に受け継いだシステムで、

 『記・紀』は憲法であり、

 その法令集だったのである。

 しかし総理が参拝すると、

 大戦の被害国民が過去の日本軍閥の罪過を想い出し、

 轟々たる非難が巻き起こって、

 そのたびに日本人の格が下がるという、

 今の神道の在り方は、真実の『神道』とは余りにも、かけ離れ過ぎている。

 無知の塊りとしか言いようがない。

 「神ながらの道」などと唱えながら、

 その真意を調べもせずに来た商業化した神道には、

 到底、未来はない。

 それは私たちの祖先を辱かしめ、日本人を人類の敵にするだけである。

 心ある神官も信者もともに、是非「言語復原史学」に入会して、

 神が書かせたこの講座で真実の歴史を学び、

 人々を正しく導ける真の救世主になって欲しい。

 それがこの講座の切なる願いなのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿