2012年3月24日土曜日

『記・紀』は『予言集』で『神託集』


『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録26:28頁

『記・紀』は『予言集』で『神託集』
『記・紀』は『予言集』で『神託集』

しかし、それはこうした予言や寓話だけの存在しか知らない人の想像でしかない。

現実に実在する数千語の共通語。

ことに色や政治圏を表わす四神と五彩圏の名が

ギリシャ起源だという動かぬ証拠など、

そんな想像では説明がつかない大量の文化と史実を、

私たちはすでに嫌になるほど見てきたのである。

それは少数の商人や難民が持ち込んだものではない。

それなら、民間の片隅の民話としてしか余命を保てないのに、

事実は、支配者・天皇家の歴史として、

『記・紀』という二重正史や、幾種もの史書や

『風土記』になって千数百年の命脈を保ってきたのである。

そしてそこに名を連ねた豪族たちは、

その天皇家や家臣の子孫であることを誇り、強調し続けてきた。

とても難民や商人の持ち込んだ「知識の切れっ端」なんかではない。

それはこの理由によって、

我が国民の中枢を守る『神典』だったのである。

絶対に、在来の神話学者らが唱えたような、

東南アジア民話の「漂着物」などではない。

こうして『記・紀』の内容が、

ギリシャ文化の生んだ知性の産物だったと確認できると、

稗田阿礼の名が巨大な史実を教える証人になる。

その名はピューティヤに対する当て字だ。

ピューティヤの仕事は『神託』だった。

ノストラダムスの『予言集』は、『カピトーリウム神託集』の翻訳だった。

『記・紀』は『神託』の倭国版と日本版だったのである。

『参考』
『言語復原史学会:Web』
『言語復原史学会:画像』 

『My ブログ』
古代メソポタミア
歴史徒然
ウワイト(倭人):大学講義録
ウワイト(倭人)大学院講義録 
オリエント歴史回廊(遷都)
古代史つれづれ 
古代史の画像
ネット歴史塾
古代史ブログ講座
ネット歴史塾
ひねもす徒然なるままに    
「終日歴史徒然雑記」
「古代史キーワード検索」         

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

《参考》
古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
最新の考古学的発掘の方法
存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿