2012年3月6日火曜日

五彩圏を崩壊させた蘇我入鹿と、本講の思考法



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録26:10頁

 《五彩圏を崩壊させた蘇我入鹿と、本講の思考法
 《五彩圏を崩壊させた蘇我入鹿と、本講の思考法

 これは五彩圏が大化の直前まで実在したこと。

 それがで崩壊したこと。

 大化大戦(乙巳の変)を証明し、『日本書紀』が何故?蘇我入鹿を眼の仇にしているのか?を教えてくれるが、

 それらは後で詳細に検討することにして、今は本題に戻らねばならない。

 残る「多弗利」は「タフトイ」の沖縄発音「タフツイ」を

 中国人が当て字したものによく合う。

 これだと「尊い」で「入鹿津見尊」。

 皇族の名の後に「尊・貴」の字があるのは何故?という謎も氷解する。

 蘇我の入鹿の実体は、俀国と誤記された王朝の太子だったのである。

 こうして少しずつジワジワと当時の真相が確実な史実になって見えてくる。

 これでないといけないのであって、「大国主は誰か?」という問いに対して、

 すぐ「〇〇〇だ」と、いきなり答えることは絶対にできない。

 仮に答えてみても答は間違っていて、全てが無駄である。

 その逆にこの国のお話は、

 最初は少し無駄かなと思われたかも知れないが、

 今は不可欠だったことが、よくお判り戴けたはずである。

 本講はこうした思考法を、徹底してお教えするのが目的である。

 これは興味本位の大量生産本とは根本的にちがうので、

 それに比べると1ページ当たりの単価は高いが、

 内容は現世界の最高水準にあることは明瞭で、

 エリートだけの超高級講座なのである。

 このことがご理解戴けないようでは、「大学院」の名が泣く。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿